大きな片流れ屋根の空間を生かした美容室併用住宅 三重県松阪市

白い外壁の美容室併用住宅。向かって左手に店舗、右手に住居の入り口がある。

三重県松阪市に建つ片流れ屋根の白い建物は、一階を美容室、二階より上を住居とした店舗併用住宅です。

向かって左手の大きなガラスの開口が店舗の顔で、右手の庇が住宅の玄関ポーチです。

店舗は店舗らしく、住居は住居らしくデザイン。
玄関は一階にあり、二階へと上る階段がある。

玄関は二階ではなく一階に、三帖分の広さを持たせて造りました。

写真には写っていませんが、更に一帖分の玄関収納も確保しています。

ひとつ続きのLDKの一角で、ゆったりと寛げるリビング。
対面式のキッチンが家族の団欒を邪魔しないプラン。
木の質感を生かして造り付けた洗面化粧台・収納棚。

二階にはリビング・ダイニング・キッチンや水廻り等を配置しました。

ナチュラルで温かみのある内装でデザインし、キッチンが家族の団欒を妨げないようオープンな対面配置としました。

片流れの屋根を生かした開放的な空間作り。
吹抜けを下る階段は、LDKへ向かう足取りも軽くする。
吹抜けの上のロフトですが、十分な高さがあります。

リビング・ダイニング・キッチンは片流れの屋根形状を生かした開放的な空間としてデザインしました。

吹抜けの上のロフト階には、目の前に吹抜けが広がるワークデスクを造り付けています。

高さのある空間が、日々の暮らしに楽しさをプラスしてくれます。

ロフト階にある子供室のひとつ。
ロフト階の子供室の一つは、天井が間近に迫る。

ロフト階には二部屋の子ども部屋を用意しています。

一方は天井が間近に迫り、秘密基地の様な空間に。

店舗部分の紹介はこちらのページをご覧ください。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.