三重県津市河芸町中別保 ネコと暮らす、中庭のある家

三重県河芸町中別保にて新築した住宅の外観。モスグリーンの外観に。枕木とパーゴラで外構を作っています。
モスグリーンのガルバリウムで仕上げた外壁の一部に、名古屋モザイクのボーダータイルをあしらっています。

モスグリーンのガルバリウム鋼板で仕上げた、シンプルで美しい外観の住宅です。
外壁の一部にボーダータイルをポイントとしてあしらいました。

枕木を立並べた門柱と、片流れのパーゴラでアプローチを構成しています。

コンパクトな玄関には正面にニッチ、奥に中庭が見えます。

玄関内の正面にニッチを造り、季節に合わせて飾り付けるなどしてお客様を迎えることが出来ます。
玄関はコンパクトですが、すぐ目の前に中庭が見えるためむしろ開放感があります。

三帖分の広さがあるタイル張りの中庭。

この中庭を中心にして各部屋を配置しています。
中庭の広さは三帖分でそこまで広くはありませんが、光を室内に導くには十分です。
明るく可愛らしいタイル張りで、壁の色もダーコアイボリーとしてより明るい印象となる様に工夫しています。

一部を勾配天井にして開放感を高めたLDK。室内ドアは足元にネコ用の小窓を造りました。

中庭を挟んで反対側には、広々としたLDKを配置しています。
天井の一部は、片流れに差し掛けた屋根の形を現した勾配天井として、開放感を高めています。

また、室内のドアの足元には四角い小窓を造り、ネコが通り抜けられる様にデザインしています。

オリジナルで製作した造り付けのキッチン。

ダイニング・キッチンまわりはオリジナルでデザイン・製作した物で、他にはないデザインで統一感を演出しています。

一階には他にトイレとお風呂があります。

把手(持ち手)からセレクトしたオリジナルキッチン。
曲線を描くオリジナルの手洗い台を設置したトイレ。

トイレの手洗い台はオリジナルに製作したものです。

タイルでデザインした洗面台。天板の下は扉を付けず自由に使える様にしています。

洗面脱衣室の洗面台も既製品ではなく造り付けたもので、鏡の縁にもタイルを貼ってデザインしています。

ユニットバスではなく、大工さんが造る在来工法の浴室です。
在来工法の浴室は、タイル一枚一枚を手作業で貼っていくため高い自由度があります。

浴室も最近では珍しくユニットバスではありません。
タイルを一枚一枚貼って造る在来の浴室なら、家族の思い出のタイルを使うことも出来ます。

二階の寝室の足元には、一階LDKの上部の小窓があります。

二階には二つの寝室とトイレ、そしてテラスハウスがあります。

一方の寝室の足元には、LDKの上部に通じる小さな飾り窓をつけました。

二階のトイレは、雰囲気は異なりますが、腰壁が一階のトイレと共通するデザインです。
奥行き一間、四帖分の広さがあるテラスハウ。
テラスハウスは中庭上部のバルコニーに面する配置です。

テラスハウス自体は奥行き一間(1m82cm)なのですが、間口が2.5mほどあるガラスの折戸を全開にすれば、中庭の上部に面するバルコニーと一体で使うことが出来ます。
中庭に向かって開かれているため、開放的でありながらプライバシーも保たれる寛ぎの空間となります。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.