見晴らしの良いお住まいにぴったりのお庭 三重県津市

段丘上の縁端部に位置する見晴らしの良い敷地。津の海岸線まで見渡せます。

津市垂水の段丘上に位置し、阿漕浦が一望できる好立地の住宅。

その住宅にぴったりなお庭のご提案を致しました。

動画はコチラ

敷地南側のファサード。

赤い玄関ドアがポイントのお洒落な外観。

敷地は南向きで日当たり抜群。

ただし庇の出が浅いため、夏は直射日光が入り込み暑くなるのが心配です。

それを踏まえていくつかのご提案を致しました。

敷地南側の「第二のリビング」。

まずは植栽の緑で涼しげな雰囲気を造ります。

雰囲気だけでなく、植物の蒸散によって実際に涼しくなる効果も期待できます。

そしてリビングの外側にガーデンルームを増設しました。

サイドスルータイプで風が通り抜ける第二のリビングです。

天井部分の日除けは可動式なので、季節によって快適な状態を作れます。

足元はタイル敷きで段差を造り、ステップに腰掛けながらお庭のお手入れができるように工夫しました。

敷地北側のデッキスペース。阿漕浦が一望できる。

北側は、阿漕浦の海岸線を一望できる素晴らしい立地です。

敷地のすぐ北の一段低いところに道が通っているため、目隠しにフェンスを設けていますが、内側からの眺望を遮らない高さで調整しました。

シンプルなウッディ調のフレームでさりげなくゾーニング。

シェードやよしずを立てかけて、隣地への目隠しにも使えるように考えました。

敷地北側デッキの段差。腰掛けて海を眺めることができる。

敷地の端ぎりぎりまでウッドデッキを張り、外周部分を一段低くしました。

この段差に腰掛けて、ゆったりと景色を眺められるようにしています。

広いウッドデッキは手入れの容易さを重視して、人工木材のものを採用していますが、質感はとても良いです。

敷地北のデッキスペースの一角にあるタイル張りのスペース。赤い立水栓に合わせた金属製の水受けが美しい輝き。

デッキスペースの一角に造ったタイル張りのスペースは、バーベキューなど色々楽しめる便利な空間です。

塗り仕上げに細かなタイルを張った、花壇と一体のベンチも造り付けました。

ナチュラルな空間に赤い立水栓が、印象を引き締めるワンポイントになります。

敷地北側のデッキスペースでは夜のライトアップも計画。

デッキやウッディ調のフレームに仕込んだライトで、夜のライトアップも計画しました。

寛ぎの空間を演出しています。

阿漕浦で毎年行われる壮麗な花火大会の様子を、デッキスペースからゆったり眺めることができる。

阿漕浦で毎年行われる花火大会の模様も、自宅のウッドデッキからゆったりと眺めることが可能です。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.