家づくりの流れ

1.地鎮祭

工事の着工にあたり、土地の神々の霊を鎮め、
工匠の神に新居の工事の安全を祈願します。
2.着工

施主様にも立ち会っていただき、
建物の配置や間隔、位置など最終チェックを行います。
3.地盤調査

地質の現況を調べるため、地盤に細長い穴を掘り調査します。
そのデータを基に適した工法を提案いたします。
4.基礎工事

配筋(鉄筋コンクリート工事において設計図どおりに鉄筋を配置)をします。
重要な工事となりますのでしっかり検査を行います。

型枠にコンクリートを流し込み、養生期間を経てから型枠を外し、
基礎の完成です。
5.上棟

家の骨組みを組み上げます。
完成すると家の概要がわかるようになります。
6.内装工事

内装を手掛けていきます。壁面の塗装やクロス貼りなど丁寧に行います。
また造形家具(オーダーメイド)もここで作ります。
7.外構工事

内装工事が終わりましたら、次は外構工事です。
玄関周りやお庭を手掛けていきます。

外構・エクステリアもおまかせください。
豊富な施工事例が紹介されたアポアの外構エクステリアサイト
ぜひ一度ご覧ください。
8.竣工・お引渡し

全ての工事が完了しましたら各種検査を念入りに行います。
問題がなければ全ての工程が無事終了です。
施主様にお引き渡しいたします。
9.アフターフォロー

お家を建てて終わり!ではありません。
ここからが本当のお付き合いだと思っております。
弊社ではアフターフォローも充実しておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。
scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.