窓から緑が見えるシャビーシックなおうちカフェ。

三重県津市 Mさんの家(夫婦(30代))
シャビーシックなおうちカフェ1
“おうちカフェ”がテーマのMさんの住まい。
いつでもカフェ気分で食事ができるように、ダイニングは窓から緑が見える位置にレイアウトした。
夜はペンダン トライトもつけずに、庭に置いたガーデンライトの明かりだけにして、お香を焚きながらゆったりと食事を楽しむのだそう。
3脚ある椅子はすべて同社の手造 り。
「その日の気分で座る場所を変えたりするんです。一層カフェ気分になれますね」とMさん。
ちなみに夫は一番奥の背もたれに丸みのある椅子がお気に入り なのだとか
シャビーシックなおうちカフェ2

シャビーシックなおうちカフェ3

シャビーシックなおうちカフェ4
シャビーシックなおうちカフェ5

シャビーシックなおうちカフェ6
シャビーシックなおうちカフェ7

シャビーシックなおうちカフェ8
シャビーシックなおうちカフェ9

シャビーシックなおうちカフェ10

デザインだけでなく、住み心地にもこだわって。ないものは造って全部思い通りに!

妻のMさんは、TVのフレームに麻のテープを巻いたり、冷蔵庫や電気ケトル、ごみ箱や米櫃までペイントするほどのこだわりの持ち主。
そんなMさんのお眼鏡 にかなったのがAPOAだった。

「APOAさんで家を建てた知人から、『あなたに合うと思うから』と薦められたということもありましたが、モデルハウスの雰囲気にピンときたことが大きかったですね。オシャレじゃなきゃダメな美容院の設計デザインもたくさんされているので、センスの良さも確信していました」。
家は自然を身近に感じる場所に建てたいと考えていたMさんは、2方が緑地に面した変形地を購入。
その敷地条件を生かしながら、“おうちカフェ”を テーマに、ぎゅっとコンパクトにまとまった家を同社と共に造り上げた。

「ムダなスペースもないし、収納もたっぷり。動線もコンパクトなので家事もしやすい んですよ」とMさん。
見た目のカワイサだけでなく実用的で、しかも住み心地もいい家が1800万円台で完成したことに夫婦ともに大満足だそうだ。

間取り図

間取り図1F
1階
間取り図2F
2階

詳細データ

延床面積
77.42m2
敷地面積
234.69m2
工法
木造軸組
本体価格
竣工
2015年8月
商品名
部材・設備
この実例を建てた店舗
名古屋店
scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.