デザインを変えながらも統一感のある二棟の住宅と店舗 三重県津市

タマリュウで目地を入れた駐車場、四角い外観の店舗、切妻屋根の住宅
夕方にライティングを行った店舗と住宅

南南西を向いた細長い敷地に二棟の建物を新築しました。

手前の四角い建物が店舗。

奥の切妻屋根の建物が住宅です。

形状は異なりますが、共通するデザインのポーチを造り、共通する素材で外観を仕上げる事で、統一感のあるデザインとしています。

白い外壁、優しい色の瓦、ウッドフェンスで構成したナチュラルデザインです。

駐車スペースは、タマリュウで流れるような曲線の目地を入れてデザインしました。

小幅板で床、壁、カウンターをナチュラルに仕上げた店内
現しにした木造の天井組み

手前の店舗は正方形で8帖の広さがあります。

出隅の壁の足元に大きな開口を設けて、店内の明りを見せてお客様を引き寄せるデザインとしました。

店内は小幅板で壁、床、カウンターを仕上げたナチュラルな空間です。

天井はお施主様のご希望に合わせて現しとしています。

木の飛び石を並べた芝敷きのアプローチ
優しいグリーンの玄関ドア

店舗の外壁から突き出した袖壁を、住宅の門柱としています。

そこから先には、木の飛び石を並べた芝敷きのアプローチを造りました。

玄関ドアは淡いグリーンを使い、赤系のポストをアクセントとしています。

LDKと一続きになった吹き抜け空間

玄関はコンパクトに仕上げ、その後に広がる吹き抜け空間の広さを印象付ける設計としました。

南向きの吹抜けには二階部分にも窓を設けて、明るい空間になりました。

ナチュラルな空間に仕上げたLDK

室内は壁紙、フロア、建具、家具など、ナチュラルに少しシャビー感を加えたデザインでまとめました。

吹き抜け空間とLDKの間は引き戸で仕切れる様にしていますが、普段は障害の無いフルオープンにしておく事が出来ます。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.