約3帖 仮設のヤギ小屋が完成

一時的に留め置くための仮設のヤギ小屋です。

仮設のヤギ小屋。広さにして約3帖です。

土台・柱・梁・筋交いを同寸材で組み上げ、畳サイズのパーティクルボードをほぼ未加工で打ち付け、屋根には波板トタンを使用しています。
土台が腐らない様にコンクリートブロックの上に据え付けています。

中に入るヤギさんのために、足元と上部には隙間を空けて通風を確保しています。

部材同士の接合には互いに切り欠く様な複雑な仕口加工を避けるなど、なるべく簡単に施工できるように工夫しています。
それでも細部の収まりにはプロの仕事を感じますね。

同寸材で構造を組み、パーティクルボードを張った外壁。
波板トタンの屋根周囲には板金を。
仮設ヤギ小屋で暮らすヤギ。
scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.