夏の日差しを遮り、冬の日差しを導き入れる

「T様邸の外観」あたりは少し暗くなってきた頃で、室内の明かりが温かな印象です。

こんにちは。タナカです。

夏の日差しが差し込むと、家の中は冷房をかけていても暑くて大変です。

室温は適切なはずなのに、なぜか暑い。

それは、放射熱が原因です。

夏の日差しがあたると、窓や床が暖められ、その暖められた窓や床が放射熱を発するのです。

放射熱は直接触らなくても熱を伝える厄介な存在です。

対策として遮光カーテンをひいても、窓やカーテンが熱を持ってくるため完璧ではありませんし、景色も見えなくなってしまいます。

そんな悩みを一挙に解決するすごいヤツ。

それが“庇”です。

「T様邸の庇」ファサード全体をカバーする、通常より高い庇が特徴です。

日本には四季があり、夏と冬では太陽の高さが異なります。

夏の太陽は高く、冬の太陽は低いのです。

ここに、適切な深さを持った庇を付けることで、夏の日差しは遮り、冬の日差しは室内まで届かせる、ということができます。

輸入住宅というものが人気ですが、輸入住宅の軒庇の“出”は、とても小さいのが特徴です。

その上「格好悪いから」と窓にも庇を付けない家が多いのですが、直射日光は差し込むし、雨の日には窓を開けることもできないので大変不便なことでしょう。

さて、上の写真『T様邸』では、通常よりも高い位置に、深い庇を付けています。

日本家屋の庇とは異なるデザインで、モダンな印象ではないでしょうか。

庇の位置を高くすることで、冬の日がより奥まで届くようになります。

そして何より、開放感が高まります。

ただし、あまり高くし過ぎると雨の吹き込みに注意が必要です。。。

『T様邸』についてはコチラのページから。

動画もありますよ ⇒ youtube

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.