【CCF床下空調】低コスト&省エネのカギは床下にあり!1

IMG_9392

今回は空気循環システムの「CCF」についてのお話です。

日本の夏は湿気が多く、近年は気温が上昇し40℃近くなることもしばしば。

それに伴い、クーラーなどの冷房家電が必須となり、電気代も上がりますよね。

そこで低コスト&省エネを叶えてくれるのが「CCFシステム」です。


CCFとは?

CCFとは、簡単に説明しますと、

床下に空気を送り込み、設置した室内機によって、

空気を冷やしたり(夏)、暖めたり(冬)し、その空気をまた家に送るという

床下冷暖房システムです。


CCF―夏編―

夏だとどいう事が起こるのかと言いますと・・・

室内に取り付けた機械によって、冷やされる前の空気が取り込まれ、ヒートポンプ式で冷やされ、床下に取り込まれます。

冷やされた空気は床下のダクトを通り、床下空間と、床全面を冷やします。そしてその空気が、家を循環し、天井から吹出される、というしくみです。

このようにして効率よく、除湿・冷却し家全体を快適な温度にしてくれます。


前回CCFを導入し完成したM様邸

高気密高断熱のM様邸が完成しました。








nagoyashi









nagoyashi































木の質感がとても優しく感じられる、平屋住宅です。

こちらはCCFを導入し、全館空調あと床下冷暖房機能を実現しました。

裸足で歩いても、床がちょうどいい温度で非常に快適になりました。


次回は、このCCFシステムがどのように、低コスト&省エネに繋がるのかをご紹介します。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.