【教えて!】土地購入の段取り

ab238827219efb9fa13546aeba5b4c2a

建築のご相談でお越しいただくお客様の中には、まだ土地をお持ちでない方もいらっしゃいます。

土地を買おうと思っても、どうしたらいいかわからないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今日は土地購入の段取りについて、お伝えいたします。

あくまでも一般的な流れですので、、参考程度にご覧ください。

購入の一歩は『情報収集』から!

どんなところに住みたいか、学区、地域性、環境、利便性、予算など

希望条件に優先順位をつけてから、情報収集を行いましょう。

地域の不動産屋はもちろんですが、工務店の営業の担当に聞いてもいいでしょう。

工務店に土地探しを依頼する場合は、どのような家を建てたいかも含めて要望を伝えれば、

希望の家を建てることが出来る土地を探すことが可能です。

 

百聞は一見に如かず。実際に土地を見に行く

気になった、とちがあれば、直接見に行きます。

担当者と一緒に見に行き、プロの目で土地の見方を教えてもらいます。

ご自身でも、近隣の商業施設や、以前どのような土地だったのかなど、その土地についてできるだけ多く情報を集めておくのも大切です。

 

 

買付証明書で購入の申し入れを。

購入したい土地が見つかったら、依頼したい工務店や不動産会社を通し、土地の所有者に「購入したい」旨を伝える、買付証明書を送ります。

ここで、希望価格も記載します。1度提出すると、なかなか取り消しにくいものですので、よく考えた上で送ったほうがいいと思います。

 

売主から返答がきます。

売主が「売買に応じる」と返事があると、売買契約に向けて正式な準備が始まります。

ここまでくると、やっと実感がわいてくるのではないでしょうか。

 

書類等の準備

工務店や不動産会社は、売買契約書、重要事項説明書の準備に掛かります。

書類は、しっかり目を通し、不明点を担当者に聞くなどして、クリアにしてから契約に臨みましょう。

 

ローンの審査

売買契約を取り交わし、融資を受けたい銀行へ住宅ローンの書類を提出します。工務店の担当に相談すれば、銀行をご紹介することも可能です。

 

ついに決済!土地代金を支払う

銀行からの融資金額と自己資金とで、土地代金を支払い、司法書士によって土地の登記がされ、住宅ローンの抵当権が付き、所有者が売主から買主に移ります。

 

 

流れはつかめましたでしょうか。

土地は、なかなか自分の思い通りの場所が希望の価格で見つけることは難しいですが、土地の相場を知り、自分たちの予算でだいたいどういうところの土地が、どういう条件だったら叶うのかを知っていくことが大切です。

もし、ご不明な点がございましたら、担当までお尋ねください。

 

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.