CCF STYLE(床下冷暖房+全館空調システム)

CCF STYLEとは

床下冷暖房+全館空調システム Clean air Circulation Floor comfort CCF STYLE

冷暖房の概念を変えるCCF STYLE

目指しているのは究極の快適性能です。

次世代をになう高性能住宅のために考案、開発された「床暖房+全館空調」システムです。

一般的には屋外としている床下を室内空間として捉え、空気を熱媒体に利用して床下から家全体を効率的に冷暖房することで、冬は室温よりも床温度が1~3℃程度暖かくなり、夏は室温よりも床温度が1~3℃程度低くなります。

冬は床が最も暖かく、夏は床がほんのりとつめたくなり、家全体の温度差が1~3℃程度に抑えられますので今までのエアコンや床暖房による冷暖房とは違った安全で快適な住空間を創り出すことができる床下冷暖房システムです。

CCF STYLEの冷暖房の仕組み

基本的な考え方

CCF STYLEの快適生活

床暖房といえば、一般的に「温水循環式」と「電気ヒーター式」とがありますが、CCF STYLEはそのどちらでもありません。

CCF STYLEは空気によって暖めるのです。

空気は熱を伝える効率が悪いため、通常床暖房に使われることはありません。

「それでは何故?」と思われるでしょうが、それは考え方そのものが違うからなのです。

一般的な床暖房は床を暖める効率に重点を置いていますが、CCF STYLEは部屋全体を快適にすることに重点を置いています。

それも、より低コストで。

一般的な床暖房で部屋を暖めるためには、暖めた床の"輻射熱"によるしかありません。

そのため部屋全体を十分に暖めようとすると、床の温度を快適に感じるよりずっと高い温度にしなければならないのです。

それでは低温火傷の心配すら出てきます。

CCF STYLEにはその心配は要りません。

CCF STYLEでは、部屋を暖めるために床の輻射熱は使いません。

そのため床を快適な温度に設定することができるのです。

それでは具体的な仕組みを確認してみましょう。

CCF STYLE 冬のしくみ
橙(1)室内の空気を暖めて家全体に効率よく循環させる。
室内機により集められた空気は、ヒートポンプ方式で効率よく暖められ、床下チャンバボックスへと送り込まれます。
橙(2)床下空間と床面全体を、同時に温める。
床下チャンバボックスに送り込まれた温風は、床下ダクトを通り床下に放出され、床下空間と床面全体を同時に暖めます。
橙(3)床下から、家全体を、心地よく暖房。
床全体を暖めた床下の空気が、各所に設けられた床吹出口より放出され、家全体を心地よく暖めます。
CCF STYLE 夏のしくみ
青(1)室内の空気を除湿・冷房して家全体に効率よく循環させる。
室内機より集められた空気は、ヒートポンプ方式で効率よく冷やされ、床下チャンバボックスへ送り込まれます。
青(2)床下空間を除湿して、家全体を冷房。
床下チャンバボックスに送り込まれた冷風は、床下ダクトを通り床下に放出され、床下空間と床面全体を同時に冷やします。
青(3)夏は天井から家全体をやさしく冷房。
床下の空気が空気チャンバを通じて天井から吹出され、家全体をやさしく冷やします。

床下冷暖房システムの特長

CCF STYLE 床の吹出口

通常、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと動くものです。

ですから、暖かい空気を高い位置に設置したエアコンから吹き出すのは、効率が悪いのです。

一方、床の吹出口から温風を出せば、自然に部屋全体を暖めることができるのです。

温風を勢い良く吹き出す必要が無いため、風が当たって不快に感じるということもありません。

逆に冷房を行う際には上方から冷風を出すことで、効率的に部屋を冷やすことが可能です。

CCF STYLEでは床下を通る空気によって、同時に床の温度もコントロールする、とても効率的な空調システムを確立しました。冷暖房どちらにも対応して、一年を通して快適な住空間を創り出すことができるシステムなのです。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.