ストレスフリーな音環境をつくる

自動車や鉄道の走行音、ピアノの音や近所の犬の鳴き声など、家の外から侵入して落ち着いた環境を乱す音の問題。

逆に映画や音楽を鑑賞する際の音漏れの心配など、暮らしの音に係わるストレスは様々です。

しかしそうしたストレスは、遮音性能を高める事で解消できます。

スーパーウォール工法でつくるストレスフリーの音環境

快適な音環境とは

近隣の騒音や、家の中の生活音は、日々の生活の中で気になる事も多いものです。

しかし同じ音でもそれを不快な騒音と感じるかどうか、感じ方の程度は住宅環境や時間帯、生活パターンによって異なります。

また、ふわふわした素材を多用したり、床に絨毯を敷く等のインテリアの工夫によって音を吸収させる事も可能です。

騒音レベルで見る騒音感覚と相当する環境
出展:一般社団法人 日本サッシ協会

外部の音を入れない。外部に音を漏らさない。

鉄道を走る列車の音。道路を走る自動車の音。近所の立ち話の声や、庭先の犬の鳴き声など。こうした音は空気の振動として伝わります。

僅かな隙間からでも音は出入りし、音の浸入・音漏れとなるのです。

スーパーウォール工法の家は高気密住宅ですから、家の内外での音の出入りを遮断する、遮音性能に優れているのです。

高断熱サッシ・複層ガラスの採用により、更に遮音性能を高められます。

屋外で騒音が発生しても、睡眠や勉強の妨げにならない静かで快適な室内環境が保たれますし、周囲への音漏れの心配なく映画や音楽鑑賞を楽しめます。

家の外で80dB(500Hz)の騒音が発生しても、家の中には50dBに減衰して伝わります。感覚としては音の大きさが1/8になる効果があります。

屋外から屋内への音の伝搬

家の中で80dB(500Hz)の音を出しても、家の外には50dBに減衰して伝わります。音漏れを気にせず音楽を楽しめます。

屋内から屋外への音の伝搬

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.