結露を防いで家の耐久性を高める

冬の窓に浮いた露。結露は周囲のものを濡らし、ほうっておくとカビが生えるため毎朝拭かないと心配という方も多いのではないでしょうか。

しかし結露は目に見えるところにだけ発生するわけではありません。

目に見えない壁の中で生じた結露は構造躯体へ確実にダメージを蓄積し、家の寿命を縮めることにもなります。

スーパーウォール工法なら、高性能断熱材と通気層構造によって壁体内結露を抑え、家の耐久性を高めることができます。

スーパーウォール工法で実現する結露に強い高耐久の家

結露の生じるメカニズムと対策

結露とは、空気中に含まれる水蒸気が凝縮して水になる現象のことです。

空気はその温度によって空気中に保つことが出来る水蒸気量が決まっており、その容量のことを飽和水蒸気量といいます。

この容量を超えた水蒸気は、水蒸気として空気中に存在することが出来なくなり、水になります。

空気の温度が高くなるほど、飽和水蒸気量も大きくなります。

空気が冷たいものに触れて急激に冷やされると飽和水蒸気量が一気に小さくなり、空気中の水蒸気が水になって触れたものに付着します。

これが結露です。

つまり結露は水蒸気を含んだ空気が急激に冷やされることで発生するということです。

結露は発生する場所によって、表面結露と内部結露に分類されます。

単に結露といった場合には、表面結露を指します。

代表的な例は、冬の窓ガラスやサッシに発生する結露です。

対して内部結露とは、建物の壁の中、床下、天井裏などの目の届かない部分で発生する結露のことです。

主に冬場に発生し、室内の暖かく湿った空気が壁の内部に侵入し、外気で冷やされた外壁の室内側に結露を生じます。

内部結露は目に見えないため、窓ガラスのように拭き取るということが出来ません。

軽微なものであれば自然に乾くため大きな問題とはならないのですが、結露した状態が長時間に及ぶと、柱や土台といった構造上重要な部材を腐らせるなどの深刻な事態を引き起こすこともあります。

また、結露して木材が湿ることでシロアリやカビなども引き寄せてしまいます。

内部結露によって構造躯体へ被害が及べば、そのダメージは知らぬ間に蓄積され、家の寿命を縮めてしまうのです。

住宅における結露対策の基本的考え方は、水蒸気を含んだ暖かい室内の空気が外気によって冷やされたものに触れないようにすることです。

つまり、外気の冷たさが伝わるのを防ぐ断熱処理と、室内の水蒸気が壁の内部に侵入するのを防ぐ防湿処理のふたつです。

以下の図では、断熱と防湿の処理がどのように結露を防ぐのかを解説します。

断熱層、防湿層の有無による表面結露と内部結露の発生の仕方

上の図は、住宅の外壁を模式的に現したものです。

【図1】は、断熱も防湿も行っていない状態です。

この状態では室内側の壁面も冷やされるため、内部結露どころか内装材の表面でも結露が発生してしまいます。

窓ガラス同様に、壁一面が結露してしまいますから大変です。

【図2】は、【図1】の壁に断熱材を入れた状態です。

外部の熱が伝わるのを防げるため表面結露は防げますが、室内の水蒸気を止めることが出来ないため外装材の室内側で内部結露が発生してしまいます。

【図3】は、断熱材と防湿気密シートを入れた状態です。

防湿気密シートとは、水蒸気の透過を抑えるための薄いシートで、同時に機密性の確保にも役立つ建材です。

この状態では外部の熱を断熱材が、室内の水蒸気を防湿気密シートが防ぐため、内部結露の発生を抑えられます。

ただし、防湿気密シートでも完全に水蒸気の進入を防ぐことは出来ません。

わずかに進入した水蒸気は、【図2】同様に内部結露を生じます。

結露対策には、基本となる断熱・防湿処理に加えて、進入した水蒸気を速やかに排出することも重要です。

【図4】は、断熱材と防湿気密シートに加えて通気層を設けた状態です。

通気層は外部と繋がっており、空気の流れによって壁の内部に侵入した水蒸気を排出する構造になっています。

透湿防水シートは、水の浸入を防ぎつつ水蒸気を透過させる薄いシートです。防湿気密シートと名前は似ていますが、まったく別の働きをする建材です。

【図4】のように断熱層、防湿層、通気層を全て備えていれば、結露対策は万全といえます。

スーパーウォールパネルが採用する最高水準の断熱材が結露を抑える

スーパーウォールパネルの断熱材である硬質ウレタンフォームは、独立気泡構造で水蒸気の進入を防ぎます

スーパーウォールパネルの採用している断熱材・硬質ウレタンフォームは、発泡系断熱材と呼ばれている断熱材の一つです。

発泡系断熱材は、その気泡の形状によって独立気泡型と連続気泡型とがありますが、硬質ウレタンフォームの気泡はそれぞれが小さな硬いセルを形成した独立気泡型で、数ある発泡系断熱材の中でも最も高い断熱性を持っています。

この硬いフォーム構造は水蒸気の進入も抑えることができ、硬質ウレタンフォームだけで断熱と防湿の両方の効果を得ることが出来ます。

耐湿性能を備えた断熱材と、通気層構造をあわせたスーパーウォール工法は結露を抑えて家の耐久性を高めます

スーパーウォール工法では、硬質ウレタンフォームが断熱と防湿の役割を担い、さらに通気層を設けて結露対策に万全を期しています。

そしてスーパーウォールパネルは、工場生産による安定した品質が保証されています。

scrolltop
COPYRIGHT(C)2015 APOA All Rights Reserved.